救済策としてのプジャの例とご依頼方法

アガスティア 救済策
アガスティア鑑定

アガスティア鑑定の際に、救済策をナディリーダーから教わる方がほとんどです。

逆に、何も救済策を施さなくても良い方は非常に稀だといえます。

ある方の例を挙げてみます。

1、インド・クンバコーナムのスワミマライ ムルガン寺院へのお参り
2、タンジョールのブラハディーシュ ヴァラー寺院へのお参り
3、貧しい老人に食べ物や衣類を寄付する必要がある
4、144日間のプジャを行う必要がある

これら複数の組み合わせで救済される方、あるいはプジャだけの方、その他にも様々です。

例えば、144日間のプジャの場合、1日2回のプジャ(400ルピー/1日)で、57600ルピーの費用がかかることになります。

121日間プジャの救済策を示される方もいます。

400ルピーという額は、一律ではなくプジャの内容やお供えの内容にによって異なります。

プジャに限らず、人によって様々な内容のドネーションの仕方を教わることもあります。

アガスティア鑑定の際にナディリーダーから救済策を教わり、その場で依頼をしていただいても結構ですし、少し検討してやはり依頼したいと思った時に当社へご連絡いただく方法でも結構です。

当社で救済策に必要な費用を計算し、当社の手数料10%を合わせて合計額をご提示させていただきます(2021年2月現在)。

ご納得いただけた段階で、当社銀行口座(インド国内の口座)へ送金いただく流れとなります。

入金が確認できた段階で、鑑定をしたアガスティアの館へ連絡し、当社から救済策費用を送金し正式依頼となります。

プジャの場合は、通常1日2回行い、20日毎にプジャの際のお供物を依頼者様へ郵便でお送りすることになります。これが進捗の証でもあります。

なお、救済策としてのプジャは、アガスティアの町にあるお寺のお坊さんによって執り行われます。

救済策のご依頼は強制的なものではありませんので、必要と思われたらご依頼ください。

不明な点がありましたら、どうぞお尋ねくださいませ。

アガスティア鑑定 お問い合わせ

関連記事一覧