アガスティア鑑定(インドのヤシの葉占星術)について

agastya アガスティア鑑定 オンライン
アガスティア鑑定

アガスティアの葉には長い歴史があり、少なくとも5000年以上前のものとされています。

その起源は、インドの賢人(占星術師)によって実践された古代の占星術です。

占星術師は宇宙全体の過去と未来を調べる能力を持っており、人々の人生をヤシの葉に古代タミル語によって記録していました。

現在、このヤシの葉に記載された文章は、アガスティアの葉に精通した占星術師だけが解読することが出来ます。

ヤシの葉に書かれている未来予測は、鑑定を受けようとしている人がアガスティアの葉の事を知った日から後の人生について記載されています。

葉は世界の一人一人のために何百万枚もあるに違いありません。しかしカルマ(業)がある人だけ葉が見つかるのかもしれません。

葉はインド人だけでなく、世界中の人々の葉も存在します。

またこの未来予測はアガスティアの葉の占星術師によって解読されるだけであり、占星術師独自の解釈は介入されません。
葉を特定し、該当者に未来予測を知らせること、全ては1つの運命です。

アガスティアの葉の中心地は、南インド・タミルナードゥ州にあります。

アガスティアの葉は「Nadi Astrology ナディ占星術」とも呼ばれています。Nadiとはタミル語で「検索する」という意味です。

各個人がヤシの葉に書かれた自身の未来予測を探しに行くため、ナディ占星術と呼ばれるようになりました。

元々、未来予測は動物の皮や様々な葉に書かれていましたが、後にヤシの葉にその内容がコピーされ、孔雀の血から抽出された油を塗ることにより、長期保存出来るようになりました。

関連記事一覧