アガスティア・オンライン鑑定のお申し込み方法

インド アガスティア 鑑定
アガスティア鑑定お申し込み方法

南インド・タミルナードゥのナディリーダーからアガスティア・ナディ(アガスティアの予言)を読み解いてもらう、本物のアガスティア鑑定です。

アガスティア・ナディは、当たる・当たらないということではなく、あなたのことが書かれた唯一の葉(椰子の葉)があるのです。

その葉を探し出し読み解いてくれるのは、世襲で代々受け継がれるナディ・リーダーです。

アガスティア鑑定は、かつてはロイヤルファミリーや政治の要職にある方しか受けることができませんでした。
一般の人が受けられるものではありませんでした(知らされてもいませんでした)。

100年以上前に当時の王様の命を受け、現在4世代続く家系のナディ・リーダーとTabiZuki India は提携しています。

年間2000人以上の鑑定を行い(このアガスティアの館には4名のナディ・リーダーが所属しています)、このうち20〜30%が外国人です。

アガスティア・ナディ(オンライン鑑定)は、zoom会議システムを使い、あなた、ナディリーダー、通訳(2名の予定)の計3〜4名のオンライン上の対面で行います。

ナディ・リーダーが聞き取りを行うときは、タミル語または英語で行います。

あなたの葉が見つかった後、葉に記載された「あなたの物語」は古代タミル語で記載されていることから、通訳が2〜3段階必要になります。

古代タミル語 ➡ ヒンディー語または英語 ➡︎ 日本語 という感じです。

あなたの葉が見つかるまでの間、何度もナディ・リーダーはあなたに質問をします。

すべての質問に対するあなたの回答が「イエス」になったとき、あなたの葉が見つかったということになるのです。

すべて日本語に通訳しますので、語学に自信のない方でも心配はいりません。

必要なのは、親指の指紋(拇印)のみです。
お申し込み時にお知らせいただくお名前などの情報は、ナディ・リーダーには伝えません。
当方の管理、連絡のためだけに使用します。

鑑定前の準備としては、
指紋の形が分かるように、白い紙に拇印(女性は左、男性は右)を鮮明に押していただき、拇印を押した紙を撮影し画像をお送りいただきます。

拇印以外の情報はナディ・リーダーには必要ないのです。

お申し込み時にご連絡先として記載いただいたメールアドレス宛に、鑑定日の打ち合わせのご連絡をさせていただきますので、しばらくお待ちくださいませ。

*お名前の表示は、アルファベット(ローマ字)でご記入いただけると助かります。

*チェックアウトの際、配送先の住所を記載いただく欄がありますが、オンライン鑑定ですので、詳細な住所の記載までは必要ありません。
eメールでご連絡しますので、メールアドレスのみ間違いなくご記入お願いいたします。

このオンライン鑑定に要する時間は、平均3〜4時間です。
場合によってはさらに時間がかかる可能性がありますので、休憩を入れながら進めることになります。

<重要>必ずご確認ください!
アガスティア・ナディの際、一般的な注意事項として言われていることは、「あなたのアガスティアの葉が必ず見つかるという保証はありません」ということです。
場合によっては、日時を変えて再鑑定チャレンジすることもありえます。
それでも見つからなかった場合のご返金はできませんので、ご理解の上でお申し込みください。

なお、TabiZuki Indiaがお客様をアガスティアの館へお連れして、葉が見つからなかったことは、これまで一度もございませんでした。
熟練の、優れたナディ・リーダーと言えます。参考までに書き添えます。

アガスティア鑑定 お申し込み